Home » ゼロエネルギー住宅

ゼロエネルギー住宅有限会社ハヤセ

ゼロ・エネルギー住宅とは?

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」とは、
住まいの年間「一次エネルギー消費※」を「省エネ&創エネ効果」を
組み合わせておおむね“ゼロ”になる住まいのこと。

温室効果ガス削減に貢献でき、地球環境にやさしい暮らしをめざし、
政府では2020年までに標準的な新築住宅のゼロ・エネルギー化を推進しています。
(有)ハヤセでは、この「ZEH」に対応できる高断熱・高気密の住まい、
2020年の住性能を先取りしています。

※住宅の冷暖房、給湯、換気、照明に必要なエネルギー消費量。その他の家電などは含まれません。

ZEH

ゼロ・エネルギー住宅の補助金

本事業は、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指すべく、高断熱外皮、高性能設備と制御機構等を組み合わせ、住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅を新築する、ZEHの新築建売住宅を購入する、または既築住宅をZEHへ改修する者に補助金を交付するものです。

また、「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。経済産業省資源エネルギー庁は、この目標の達成にむけたZEHロードマップの検討をおこない、そのとりまとめを2015年12月に公表しました。

「ZEHロードマップ」概要掲載↓
平成28年度 ネット・ゼロ・エネルギー ・ハウス支援事業について(一般社団法人環境共創イニシアチブ)

(有)ハヤセのゼロ・エネルギー住宅の取り組み

2015年度までの実績棟数:3棟

新築を検討中の方には、国が推薦している
ゼロ・エネルギー住宅をご検討いただければと思います。

Copyright(c) 2012 有限会社ハヤセ All Rights Reserved.