Home » シックハウス対策

シックハウス対策有限会社ハヤセ

 シックハウス対策への取り組み

 シックハウス症候群とは、新築の住居などで起こる、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状があらわれる体調不良の呼び名です。

 原因としては、室内空気の汚染源の一つとしては、家屋など建物の建設や家具製造の際に利用される接着剤や塗料などに含まれるホルムアルデヒド等の有機溶剤、木材を昆虫やシロアリといった生物からの食害から守る防腐剤等から発生する揮発性有機化合物 があるとされています。また、化学物質だけではなく、カビや微生物による空気汚染も原因となりうると言われています。

 私たちは、これらの対策として、カビなどを防ぐために十分な換気ができる建築方法や、原因物質となるホルムアルデヒドなどの放散量の低い建材や接着材・塗料などの使用を提案しています。

Copyright(c) 2012 有限会社ハヤセ All Rights Reserved.